>

就職に有利?運転免許を持っていると何が違うのか

運転免許資格を発揮出来る職種

運転免許を取得する理由は、人ぞれぞれです。
趣味で取る人もいれば、仕事や就職に必要になったからという人も多くいます。

運転免許が有利に働く職種とは、どんな仕事があるのでしょうか確認しみましょう。

簡単に浮かぶ仕事から考えてみると、運送業や配送業、運輸業。
他にも、タクシードライバーやバスの運転手、工事車両の運転手などがあります。

これらの職種の中には、普通免許だけでは働くことができないものもありますが、運転免許が必要な職種は多いと感じます。

車の運転をメインとする職種は、健康や安全、交通事故などに十分注意して仕事をする必要があります。

資格を取得しているから就職できるとかではなく、車を運転する責任、運転手としての心得をしっかり身につけて、守れる人でなくてはいけません。

普通免許だけではできない職種

運転免許には、種類がありそれぞれ運転できる車によって資格が違います。
職種によっても運転する車が違うので、運転免許の種類もきちんと把握しておきましょう。

配送業、運送業など荷物を運ぶ仕事で活躍する、トラックや大型トラックは普通免許の他に、中型一種や大型一種の免許が必要になります。

大型一種は、大型トラックだけではなくダンプカーやタンクローリーなど工事現場でよく使われる車両も、運転することが可能です。

工事車両の中でも、ショベルカーやクレーンなどを、道路で走らせる際には、大型特殊免許が必要になり、更に作業する際は、別に作業免許というものが必要になってくるので、勘違いしないように注意しましょう。

観光バスや路線バスなどを運転する仕事の場合、中型二種か大型二種の運転免許が必要になってきます。
中型、大型で乗せられる人数の限度数に違いがあるので、希望している職種にどちらが必要かしっかり確認しましょう。


この記事をシェアする