>

人の役に立つ仕事も運転免許が必要?

運転免許が大活躍!憧れの仕事とは?

人を助ける仕事でも、運転免許はとても重要です。
救急車や消防車、はしご車やタンク車、他にも救助車など、見たことや聞いたことのある車両を運転する際に必要な運転免許をご紹介します。

救急車や消防車は、普通免許でも運転可能ですが、少し大きめのタンク車やはしご車、救助車は中型免許と大型免許が必要です。

人を助ける仕事でも、免許なくしては運転をすることはできません。
また、サイレンを鳴らして緊急で走行する際は、緊急自動車運転資格というものが必要になってきます。

資格を取得するにもルールがあり、普通免許取得後、2年以上期間を経過していないと緊急自動車資格を得ることができません。

他にも、中型免許や大型免許を取得している場合は、21歳以上で3年以上期間を経過していないと資格を得ることができないというルールもあります。

普通の自動車と違い、緊急対応も含まれてくるので新たな運転知識や技術が必要になってきます。

運転と関係なさそうな仕事でも必要?

車をメインに使わない職種でも、求人に運転免許必須と書かれている場合があります。

必須と書かれている場合は、仕事で運転をする機会が多く、運転ができなければ仕事に支障が出るということなのでしょうか。

事務仕事や営業、販売業などの場合、仕事内容によっては車を運転して、取引先やお客様のところへ行かなくてはいけない職場もあります。

車を運転しなくては絶対に仕事はできないという訳ではありませんが、運転免許を所持していたほうが、仕事の幅が広がるといった意味もあるのだと感じます。

こういった場合は、やはり運転免許を所持しているほうが、選考には有利に働くとは思いますが、会社によっては受ける時に免許を所持していなくても、入社してから取得するのであれば応募可能という会社もあるので、よく調べてから受けるのがいいでしょう。


この記事をシェアする