>

運転が得意!大型免許中型免許を取得して就職を決めよう

ペーパードライバーは受けない方がいい?

運転免許が就職に有利に働くのは、車を運転しなくては仕事が進まない場合のみです。
所持しているから選考に受かるとかではないので、仕事内容をしっかり把握することが重要です。

また、運転免許を所持していても普段から運転をしていない人は運転免許必須の職場に応募するのはどうなのでしょうか。

確かに運転免許は持っているけれど、仕事内容によっては運転する回数が多い場合は正直に運転に慣れていないことを伝えるべきです。

応募する際に、どれくらいの頻度で運転を必要とするのかなど、確認を取ってから受けることが重要ですが、聞きづらい場合は面接時に確認するようにしましょう。

必要な資格に、運転免許と書かれていれば運転する機会があると思った方がいいです。
運転していなかった期間が短ければ応募も可能ですが、長期間運転していなかった人はよく考えてから応募する必要があります。

普通免許よりも大型中型免許が有利!

就職に有利に働くようにするには、普通免許だけではなく大型免許や中型免許を取得するのがベストです。

大型、中型免許を持っていると就職したいと思える職場の幅が広がります。
また運転技術は簡単には身につかないので、長期間安定して働くことが可能です。

長距離での運転を依頼される可能性が高いので、免許の他にも健康面や体力面、運転が得意、または丁寧かどうかも判断されます。

大型免許、中型免許を取得しておくと仕事の選択肢が広がります。
誰にでもできる仕事ではないので、普通免許以上の免許は持っていて損はありません。

金銭的に免許を取得するのは難しいと悩んでいる人は、ハローワークで支払われる教育訓練給付金を利用して、少しでも安く就職に役立つ運転免許取得しましょう。


この記事をシェアする